熊本市の水前寺成趣園(公園)の私のオススメ4スポット紹介します!

野球に燃える太郎の練習試合の応援に行ってきました!

太郎のチームは県内でも強豪校の仲間入りをして県内外の強豪チームと練習試合をするようになったのです。

本日は熊本市の強豪校との練習試合!

10時試合開始だけど、私も久しぶりの野球応援に燃えて1時間ほど早く来てしまった・・・。

熊本とくれば、私にとっては阿蘇だけれども熊本市内から阿蘇へ行くには1時間くらいはかかるので、太郎のチームの応援をせずに阿蘇観光を楽しんでいたらなかなかの人間性になりますので、グッとこらえて阿蘇には行けません、いや行きません!

 

そこで、水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)『水前寺公園』の案内看板が見えたので、ソッコー一人観光を楽しむことにしました!

水前寺と聞けば、私たちアラフィフ世代、または先輩世代にはお馴染みの「水前寺清子さん」で「三百六十五歩のマーチ」です。

 

♪♪幸せは~歩いて来ない、だから歩いてゆくんだね~、一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩さがる~ 人生はワン・ツー・パンチ 汗かき べそかき 歩こうよ~♪♪

と今さらながらこの年齢になってしみじみと人生を励ますマーチ(行進曲)に自分を重ね合わせて頑張らねばと思う今日この頃です。

 

★水前寺清子さん

本名・林田民子(はやしだたみこ)

熊本市中央区の生まれで、芸名の「水前寺」は水前寺成趣園からで、「清子」は熊本ゆかりの戦国武将・加藤清正からだそうです。

ちなみに水前寺清子さんは「チータ」の愛称で知られますが、作詞家の星野哲郎さんが「小(ちい)さな民(たみ)ちゃん」と呼んでいたことからの由来だそうです。

おおっ!水前寺清子さんは思いっきり熊本の方なのですね!!

 

なんの前準備・前知識もなしにいきなりの熊本市中央区の水前寺成趣園です。

 

★水前寺成趣園

水前寺成趣園の通称は水前寺公園で、私には水前寺公園の方が聞きなれています。

こんこんと水が湧く大名庭園

肥後細川藩・初代藩主細川忠利が鷹狩の際、こんこんと清水が湧くこの地を気に入り、寛永13年(1636年)頃から築いた「水前寺御茶屋」が始まりです。

3代綱利のときに桃山式回遊庭園が完成しました。

豊富な阿蘇の伏流水を利用した東海道五十三次をあしらった庭園を散策しながら、四季を通じて美しい眺めを楽しむことができます。

西南戦争後の明治10年(1877年)に建立された出水神社では、毎年、薪(たきぎ)御能や武田流騎射流鏑馬(やぶさめ)などが開催されています。

 ◎熊本型教育旅行サイト・水前寺成趣園(水前寺公園)より

 

 コーヒータイムで立ち寄ったセブンイレブンで水前寺成趣園の場所を聞くとそこから近い!

親切な店員さんがわざわざお店から出て道路を指差しながら説明して下さいました。

「このセブンイレブンの横の道を真っ直ぐ行って突き当たったら右に行き、そこを道なりに行って・・・・・。」

私のクルマにナビはついていますが、やっぱり親切なヒトからの説明の方がわかりやすい!

クルマでGO!

教えて頂いた通りに水前寺成趣園の案内看板がありました!

駐車場を探します。

大型バスなども止められる広い敷地の水前寺駐車場は1日500円とのことで、私は30分くらいしか滞在時間がないので、水前寺駐車場の道隔てたコインパーキングに駐車しました。

60分間で100円だったと思います・・・。

クルマを止めて水前寺駐車場の中を通ってサッサッサーッと歩いて行きます。

 

◎駐車場を出て通りに出るとな、なんと「くまモン」がお出迎え!

観光地らしく「くまモン」の隣に座ってパチリとスマホで写真でしょうが、申し訳ない!本日は一人観光です・・・。

一人上手の一人満足の一人練習に慣れている私らしいといえば、その通り!

f:id:mutouryuuichi:20191022173331j:image

◎受付で大人(16才以上)400円を払います。子供(6才~15才)は200円

◆営業時間・・3月~10月 7時30分~18時(入園17時30分まで)

11月~2月 8時30分~17時(入園16時30分まで)

f:id:mutouryuuichi:20191022173457j:image

◎早速、見えてきたのが、水前寺成趣園の阿蘇の伏流水をたたえる桃山式回遊庭園!

この大庭園の面積は面積約7万3000平方メートルです。

 30分ほどで園内を散策できます。

水前寺成趣園は、築山や浮石、芝生、松などの植木で東海道五十三次の景勝を模しているといわれています。

昭和4年(1929年)国の名勝・史跡に指定されています。

私は急いでいるので、早歩きでまわりました・・・。
f:id:mutouryuuichi:20191022173325j:image

◎阿蘇の伏流水と聞いて水前寺成趣園の素晴らしさがさらにアップ!!
f:id:mutouryuuichi:20191022173358j:image

◎暑い日だったので、汗が出てきました・・・。
f:id:mutouryuuichi:20191022173454j:image

◎遠くにマンションが見えます。水前寺成趣園の景観はその当時をタイムスリップしてくれるようです。
f:id:mutouryuuichi:20191022173355j:image

◎日本一の富士山を模した築山が目を引きます!

富士築山は2016年4月の熊本地震において約60センチ陥没したとのことです。

その後の復旧工事で見事に復活です!!
f:id:mutouryuuichi:20191022173513j:image

◎グルリと1周しています。
f:id:mutouryuuichi:20191022173500j:image

◎富士築山は目立ちます。
f:id:mutouryuuichi:20191022173328j:image

◎心が落ち着きます。

私は急いでまわっているから落ち着きがなく、しかも汗をかいています。
f:id:mutouryuuichi:20191022173312j:image

◎本当に心穏やかになる素晴らしい公園です。
f:id:mutouryuuichi:20191022173352j:image

ここからは、水前寺成趣園の素晴らしさを堪能しながらも特に私の心に響いたスポット4箇所を紹介していきます。

あくまでも私の独断です。

◎歴代の細川藩主を祀る「出水神社」の本殿があります。
f:id:mutouryuuichi:20191022173347j:image
◎その出水神社の横に!

《その1》阿蘇火山系の硬水で、「百薬の長」として親しまれている 神水「長寿の水」が!!

その場で飲むことができますが、もう飲む前から美味しく感じるのです!

実際に飲むと冷たくてやっぱり美味しい!

急いで歩きまわっていて汗かいてノドが乾いていたので、美味しさ倍増です。

思いっきり阿蘇びいきな私です・・・。
f:id:mutouryuuichi:20191022173335j:image

◎「長寿の水」というネーミングも素晴らしい!

健康長寿は全ての人の願いです。
f:id:mutouryuuichi:20191022173344j:image

◎こんこんと阿蘇のお水が湧き出ています。
f:id:mutouryuuichi:20191022173439j:image

《その2》そして、「ふんばり灯籠」!!

2016年4月の熊本地震の時に、この二基の灯籠だけは揺れに耐えてしっかり立っていたとのことで「ふんばり灯籠」の名称がつけられています。
f:id:mutouryuuichi:20191022173510j:image

◎「ふんばり灯籠」を裏から見ました。

この「ふんばり灯籠」を見て静かに燃えてきたのは私だけではないはずです。
f:id:mutouryuuichi:20191022173709j:image

◎まさに復興に向けた意志を表すとともに明るい未来の象徴です!

オッサンへの熱いエールのような気がします。
f:id:mutouryuuichi:20191022173451j:image

《その3左が細川忠利公。右が細川藤孝(ふじたか)公の銅像。細川藤孝は幽斎(ゆうさい)とも呼ばれています。
f:id:mutouryuuichi:20191022173309j:image

◎良い表情です。
f:id:mutouryuuichi:20191022173442j:image

◎剣豪・宮本武蔵は57歳の時に細川忠利公に招かれ、晩年を城内の千葉城で過ごしました。

武蔵は熊本で「二天一流兵法」を創始し、現在も継承されています。

有名な「五輪の書」も熊本で著しました。
f:id:mutouryuuichi:20191022173446j:image

◎細川藤孝公は、剣豪・塚原卜伝から剣術を学んでいます!

肥後細川家初代として近世細川家の基礎を築き、室町将軍家に始まり、信長、秀吉、家康に使えた数少ない武人であり、和歌や能に茶の湯と諸芸に通じた当代一の文化人でもありました。
f:id:mutouryuuichi:20191022173321j:image

《その4》縁結びの木「梛(なぎ)」

縁結びと聞くとなんだか嬉しくなりますが、もちろん私のことではなく、若い人向けですね!

推定樹齢は300年を超え、幹回り2.3m、樹高は12mの巨木で、パワースポットとしても有名とのことです。

f:id:mutouryuuichi:20191022173317j:image

◎マキ科マキ属の木で、針葉樹であるが、広葉樹のような幅広い葉を持っていて、2枚ずつ同じ場所から出ている。

葉は縦には簡単に裂けるが横にはちぎりにくいという丈夫さにあやかって、男女の縁が切れないようにとの願いがこもっているようです。

その他に様々な災厄除けや商売繁盛・金運などのお守りとして大切にされている木とのことです。

縁結びのご希望のあられる方は、頑張れ~~っ!!
f:id:mutouryuuichi:20191022173305j:image

 急ぎ足で水前寺成趣園を観光して、野球の応援に行きました!

汗をかいていたので、応援に来られている父兄の方々から

「トレーニングをしてきたのですか?」

って聞かれました・・・。

「朝一番に一人で水前寺成趣園観光に行きました!!」

って言えなかったですね・・・。

野球の練習試合は午前に1試合、午後から1試合の計2試合ありますが、午前の1試合が終わってランチタイムになりました!

午後の練習試合まで時間がなく、午前中の慌しい水前寺成趣園観光と野球の熱い試合の応援をしたらお腹も空いていたので、クルマに乗ってランチにGO!

どこにどんなお店があるかわからず、熊本市内はさすがに都会で交通量が多い!

ラーメン屋さんの看板が見えました。

「熊本ラーメンだっ!」

とソッコーお店に入ったら博多ラーメンのお店でした・・・。

久しぶりに熊本に来て博多ラーメンか・・・と思いましたが、お店は活気があって雰囲気が良い!

もうそれだけで料理が美味しく感じます。

お客さんも多いです。

f:id:mutouryuuichi:20191022232130j:image

◎ホルモン焼き定食を注文しました。

野菜がたくさんでボリュームたっぷり!

定食のラーメンは小さい器でしたが、久しぶりの博多ラーメンはやっぱり美味しい!

小茶碗ダイエットを続けている私は、よく噛んで食べているので、普段はたくさんの量を食べていないのですが、

「今日くらいは良かろう!意味はわからないが、よく聞くチートデイだ!

太郎も強豪チームからホームランを打ったし、博多ラーメンを食べて祝福だ!」

って分けのわからない理由をつけて美味しいラーメンを替え玉。

なんと替え玉10円でした!

 

★チートデイ

チートデイとは、日本語に訳すと「騙す日、ごまかす日」と言う意味で、自分のカラダを騙す日です。

減量している時にカロリー制限を続けていると、カラダは飢餓状態を防ごうと消費エネルギーを少なくしたり、脂肪を蓄積しやすくしたりして減量をしにくいカラダを作ろうとします。

そこで、体重が落ちにくい停滞期に入ったら1日だけ摂取カロリーを増やしてカラダを満足させます。

食事量を1日だけ増やすことで、ご自身の食事へのストレスも軽減するのです。

食事量を増やすことで、カラダは飢餓状態と勘違いすることなく、スムーズに減量がしやすくなるとのことです。

基本的には週に1回なのですね。

f:id:mutouryuuichi:20191022232119j:image

◎久しぶりに量を多く食べましたが、特に減量を意識しているわけではなく、お腹周りがスッキリして動きやすくなっていて、いろいろとフットワークが軽くなっているので、小茶碗ダイエットは続けています。

熊本市内は路面電車が走っています。

風情があります。
f:id:mutouryuuichi:20191022232135j:image

ランチタイム後に2試合目の応援も燃えてしてすっかり充実の1日でした!!

最後までお読み頂きありがとうございます。