空手Q&A  サンドバッグをするメリット!

:空手を習っています。自主トレをして熱いライバルたちに差をつけたいと思っていますが、筋トレ、シャドートレーニング、走り込み、サンドバッグトレーニングで武藤さんのおススメは何でしょうか?

 

サンドバッグトレーニングが良いですよ!

f:id:mutouryuuichi:20190512211353j:image

:ブログでも息子さんにヘンなビデオと揶揄されたサンドバッグをしているシーンを公開していますね。ボカシも入っていますが・・・。

 

こらっ!マジメなビデオじゃ!!

ボカシは気にするな!

 

:いきなり熱いですね・・・。

サンドバッグトレーニングがなぜ良いか教えて下さい。

 

:サンドバッグができる環境があることを前提にお話ししますね。

これは、あくまでも私の個人的な意見です。

サンドバッグ修練の良い点をまとめると、以下の3点です。

 

①一人でできる。

 

②サンドバッグを中心にぐるぐる回りながら攻撃できる。

 

③相手の顔、ボディ、脚を想定して遠い距離からでも、すごく近い距離からでもいろいろな攻撃が連続でできる。

 

①一人でできる。

ぼっちにはピッタリです!

 

私は人様に嫌われていて、対人練習をしない、できないというわけではないのですが、ジムでの滞在時間が長く取れずに、ソッコーでササッと帰りたいので、サンドバッグを集中してやっています。

 

そして、気を出す!全力を出す!出し切る!!という気持ちでサンドバッグをしています。

 

昔、ジャッキーチェンの映画で「練習は試合のつもりで、試合は練習のつもりで!」っていうセリフがあって妙に感銘を受けました。

「小さな巨人」の大沢先生の仏の境地を目指すっていうのはいつも心にありますよ。

 

②サンドバッグを中心にぐるぐる回りながら攻撃できる。

 言い換えれば、サンドバッグ(相手)を中心に自分の体サバキ、足サバキを使い、相手の死角であるサイド・バックを取りながら攻撃を続けることができる。

 

我が空手流儀は相手の先を取り、相手のサイド・バックを取りながら制圧していくことを本懐としています。

 

相手と向かい合い、遠い距離からパッと前に出て相手の死角であるサイド・バックに入ります。

 

相手の死角であるサイド・バックに入るということは、相手にとっては不利なポジション(位置)=自分にとっては有利なポジションなので、自分は攻撃がしやすく、制圧するには都合が良いです。

 

③相手の顔(上段)、ボディ(中段)、脚(下段)を想定して遠い距離からでも、すごく近い距離からでもいろいろな攻撃が連続でできる。

 相手と離れた遠い距離からでも、サイド・バックに入って相手とすごく近い距離(超接近戦)からでも相手の顔(上段)、ボディ(中段)、脚(下段)へとストレート、フック、アッパー、ヒジ、回し蹴り、ヒザなどの攻撃ができ、しかも連打ができる。

 

※このようなことを理解して頂いた上で、動画を見てみましょう。

 

 ◎サンドバッグをぐるぐる回っていはいますが、相手のサイド・バックを取りながら攻撃しているという視点から見て頂くと嬉しいです。

◎遠い距離から一気に相手の中に入っていることもご理解頂けたら幸いです。

 

◎相手が右手前(サウスポー)で構えた場合は、私は左手前(オーソドックス)に構えて相手の右手側に入っていきます。

youtu.be↑ 私の自撮り動画です。

 

◎相手が左手前(オーソドックス)に構えた場合は、私は右手前(サウスポー)に構えて相手の左手側に入っていきます。

◎左手前でも右手前でもどちらでも構えて動くことができるようになりました。

youtu.be↑ 私の自撮り動画です。

 

 ◎珍しくシャドーもしてみました。

youtu.be↑ 私の自撮り動画です。

 

 

:武藤さんが珍しくマジメな感じでコメントしていますが、何か心境の変化でもあったのですか?

 

:アホ!オレはいつもマジメだ!!

 

でも、「はてなブログ空手」と検索したら私のブログが出ててビックリして・・・。

 

これはマズイ!技術的なことも紹介しなければって思いました。

 

「空手・年齢を重ねてもサバキに希望あり!!」

っていう空手が好きな人にとってなんとか実現したい夢のあるタイトルなのにオッサンのわけのわからない話しばかりでヒンシュクものだから・・・。

 

:サンドバッグをぐるぐる回って無駄な動きをしてるって思いましたが、言い訳、いや理由があるのですね!

 

:コラッ!言い訳ではないぞ!!

 

もちろんサイド、バックに入ってぐるぐる回るだけではなく、そのまま真っ直ぐ入ることも可能ですが。

 

:普段のジムでの練習はどのようなものですか?

 

:私の話しを聞いても参考にも何にもなりませんが、最近は週に2回くらいですね。

 

ジムに着いてソッコー着替えて2ラウンドはウオーミングアップします。

 

どこからともなくアントニオ猪木の入場曲「炎のファイター~猪木ボンバイエ(INOKI BOM-BA-YE)~」が聴こえてきます。

 

この曲を聴けば、燃えるオトコのスイッチが入り、「行くぞーっ!1・2・3 ダーッ!!」ってなります!

 

ジムでは3分⇒30秒⇒3分⇒30秒のボクシング用ラウンドタイマーになっています。

 

その時に股関節まわりやヒジ、ヒザ、首はしっかりほぐします。サンドバッグを打ったりしてカラダを慣らします。

 

2ラウンドでカラダを動ける状態にしたら、ゴーッ!!です。

 

通常は3ラウンドします。

 

翌日仕事が休みなら4ラウンド、5ラウンドすることもあります。

 

☆3分が長いのなんの・・・。永遠に続く気がします。

 

★30秒が短いのなんの・・・。瞬く間に終わります。

 

3ラウンドって少ないと思われるかもしれませんが、オールアウトします・・・。

 

カラダや心に溜まったいろいろなものが、かっ飛んでいきます!!

 

このような運動方法は医学的に正しいのかどうかわかりませんが、緊張感を伴って燃えて続けています。

 

おかげさまで元気は元気です。

 

これがジムでの修練ですが、3ラウンド終わって1ラウンドはカラダをほぐして帰ります。

 

猪木のテーマ曲「炎のファイター」が聴こえてきて「蛍の光」が聴こえるまでトータル6ラウンドで終わりです。

 

時間に余裕ができたらもう少しラウンド数を増やそうとは考えています。

 

集中力が途切れなければですけど・・・。

 

:本日はマジメな話しが聞けて安心しました。

この前、スーパーアドバイザーからご指導頂いたと喜んでいましたが。

 

:あ、あれね・・・。

 

:飲み会の2次会に何回か行った事のあるスナックに行き、妖艶な美貌豊麗なプロポーションを併せ持つ美魔女のオネエサマに厚顔無恥にも空手の動画を見せて盛り上がったって自慢してましたよね。

 

f:id:mutouryuuichi:20190513220946j:image

 

武藤さんはオーラなし、威圧感ゼロなのに、意外だわって褒められたって。

褒められたんじゃなく、バカにされてたんじゃないの?

恥ずかしいでしょ!

 

 

オネエサマがスーパーアドバイザーだって?

ウソじゃないですか!!

 

:ズゲズゲ言うなよ・・・。

そしてオレがニヤけて鼻の下を伸ばしてたらブンッ!!ブンッ!!って太郎が本気で素振りしているシーンが目の前にリアルに現れてきてね・・・。

 

f:id:mutouryuuichi:20190514060648j:image

ヤツのバッティングのスイングスピードは県でもトップクラスで、あまりにも哀れで不甲斐ないオッサンをかっ飛ばすぞっ!!ていう警告だったのかな?

 

野球で太郎がかっ飛ばすほど、我が家のエンゲル係数は上がっていき、それに反比例して私の小遣いが減っていく・・・。

 

稼げない男は男でない!

 

がんばらんば!!